アイデザイン野中聖治のブログ

インターネットとデザインのある生活
本日、4月23日はサン・ジョルディの日(世界 本の日)です。
 4月23日は(世界 本の日)です!

---日本書店商業組合連合会HPより---
■ 「サン・ジョルディの日」の由来
「サン・ジョルディの日」の由来は、スペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説をもとにしており、悪獣のいけにえに差し出された王女を救った伝説の騎士、サン・ジョルディを愛の守護聖人としてたたえています。4月23日は彼が殉教した日で、いつしかこの日に本と花を贈りあって、愛する気持ちを伝え合うようになりました。また、この日は文豪として名高いセルヴァンテスとシェークスピアの命日でもあり、本との結びつきを強めております。日本でも4月23日に本を贈るという知的でロマンチックな習慣は、現在、静かなブームになっています。

■ 「世界 本の日」
「世界 本の日」は、1995年11月、パリで開催されたユネスコ総会において、毎年4月23日を、「世界 本の日」とする宣言文が採択されたことによるもので、本の良さを再認識し、親近感を育むことを目的としています。また、この日は、従来「サン・ジョルディの日」としても親しまれており、愛と知性の文化運動として、日本でも23年にわたってPR活動が続けられています。

------

4月23日のサン・ジョルディの日(世界 本の日)には
日ごろお世話になっている大切な人に本を贈りましょう!!


JUGEMテーマ:読書

| 本・雑誌・出版 | 02:29 | - | - | - | - |
4月23日はサン・ジョルディの日(世界 本の日)です。
明日、4月23日は(世界 本の日)です!

---日本書店商業組合連合会HPより---
■ 「サン・ジョルディの日」の由来
「サン・ジョルディの日」の由来は、スペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説をもとにしており、悪獣のいけにえに差し出された王女を救った伝説の騎士、サン・ジョルディを愛の守護聖人としてたたえています。4月23日は彼が殉教した日で、いつしかこの日に本と花を贈りあって、愛する気持ちを伝え合うようになりました。また、この日は文豪として名高いセルヴァンテスとシェークスピアの命日でもあり、本との結びつきを強めております。日本でも4月23日に本を贈るという知的でロマンチックな習慣は、現在、静かなブームになっています。

■ 「世界 本の日」
「世界 本の日」は、1995年11月、パリで開催されたユネスコ総会において、毎年4月23日を、「世界 本の日」とする宣言文が採択されたことによるもので、本の良さを再認識し、親近感を育むことを目的としています。また、この日は、従来「サン・ジョルディの日」としても親しまれており、愛と知性の文化運動として、日本でも23年にわたってPR活動が続けられています。

------

4月23日のサン・ジョルディの日(世界 本の日)には
日ごろお世話になっている大切な人に本を贈りましょう!!

去年は、
4月23日はサン・ジョルディの日(世界 本の日)です。
と書いたけど紙を使うのを極力やめ原発は完全にやめなければ。

今年の4月23日は、
出版大崩壊と電子書籍の罠 ポスト大震災の出版業界のゆくえ

ツイッター↓↓
http://twitter.com/nonakaaan

JUGEMテーマ:読書


| 本・雑誌・出版 | 18:23 | - | - | - | - |
第19回明日香出版社著者大会
なんと3週間以上が経ってしまいましたが、
10月15日(金)は明日香出版社の著者大会がありました。
場所は霞が関コモンゲート西館37階、霞山会館。

霞ヶ関と言えば、私がリクルートで最初に配属されたのが販売部銀座営業所売店チームで、地下鉄互助会売店(現在のMETORO)霞ヶ関営業所担当だったのです。

20年以上も経っても、霞ヶ関駅だけはなんとなく懐かしく感じました。


明日香出版社著者大会は、今回で3度目の参加です。

今年は明日香出版社さんから本を出していないのですが、呼んでいただけるのですね。
ありがとうございます。


懇親会ではまず、昨年お話した浅見ベートーベンさんと。

続いて明日香出版社経営企画室長の落合絵美さんと。
落合さんは明日香出版社のツイッター担当!
お茶目なツイートとは真逆のキリリとした宝塚系美人でした。

私と同じ『3〜で』シリーズ、『3分で人は動く!』著者の三浦一志さんと初対面。
三浦さんは『くまさんこと三浦一志のごゆるり読書日記』
http://www.rilakkuma.biz
というブログをやっているので「熊っぽい顔の人だろうな」思っていたのですが、
顔が熊っぽいだけでなく、身長が185〜190cmくらいある大きな体格で、動物園で見る熊のようでした。
※いつの間にかブログにも写真が!


緊急の電話が入ったので懇親会を抜けてちょっと電話。

夜景のきれいなステキな場所でした。


戻ってきて飲み物を取りに行くと、ラッキーなことに明日香出版社創業者で相談役の石野誠一さんが目の前にいらっしゃったのでご挨拶。

とてもいいアドバイスをいただきました。
さっそく企画あげさせていただきます!
さすが自力で人生を切り拓いてきた人は違う!プラス大阪商人力!

とツイッターでは書いていたのに、まだ企画書が・・・。
今週中には書き上げよう!

明日香出版社代表取締役の石野栄一さんともご挨拶。
1年ぶりにお会いしましたが、いつ見ても徳のあるいいお顔をされています。

オールアバウトでフリーランスのガイドをしていた塚田祐子さん(私の記事の担当)とも久しぶりに。
私の著書の(「私の本の」と書いてはいけませんね)編集担当、藤田知子さんは数々のヒット作を出しているのが評価されてか編集部部長代理に昇進していました。


この日からアイデザインの新しいロゴマーク入りの名刺にしたところ、総じて好評でした!
みんな「ハート」というけどダブルミーニング、トリプルミーニングどころじゃないからという活動をしてまいります。

昨年の著者大会で【著者対談「5万部ヒット本をどうやって作ったか?」】として『残業ゼロ!仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術』著者の吉山勇樹さんと対談をした『あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール』著者の小倉広さん。
「話し方がリクルートっぽいなぁ」と思い、後日、編集部の藤田知子さんに聞いてみるとやはりそうでした。

この日は、すぐ近くに小倉広さんがいらして、『はじめての転職100問100答』著者の知的美人と会話中だったので「この女性もリクルートかも?」と思い、会話に入っていきました。

すると「あの人もリクルート、あの人もリクルート」と声をかけてくださり、昨年お会いした『小さな会社こそがNO.1になる ランチェスター経営戦略』著者の坂上仁志さん(坂上さんは昨年名刺交換させていただいた時に新日鉄、リクルートでのキャリアがあると確認済み)と『42歳からの上司のルール』『あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール』著者の田中和彦さんを紹介してくれました。


田中和彦さんは私がHR(人材採用)系にいた時の週刊ビーイングの編集長の方で、キネマ旬報社の専務時代はリクルート・ガーディアンガーデンでご挨拶をさせていただいたことがあるのですが、こうしてまたお会いできるとは思ってもいませんでした。

『はじめての転職100問100答』著者は梅田幸子さんで、東証第一部上場企業からベンチャー企業まで3社にて、採用・研修を中心に人事業務のキャリアのある人材コンサルタント。
いただいた名刺に『はじめての転職100問100答』(明日香出版社)と並んで『最強の自己分析』(中経出版)があったので、知り合いの中経出版編集者Yさんの名前を出すと、ナント彼女がこの本の担当編集者でした!
それをきっかけに、いろんなお話を!

やっぱり、私、もってます!

梅田さんとの会話に夢中になっていると「くじびき大会」が始まり、昨年私が3等か4等か5等の「スチームケース」が当たったのに続いて、『3分で人は動く!』著者の三浦一志さんが1等(特賞)の旅行券10万円分が大当たり!

ノリのいいみなさんは「金券ショップで換金して飲みに行こう!」と!
ビジネス書の著者らしい(?)実益的な会話で締めくくりました。

明日香出版社のみなさん、著者のみなさんありがとうございました。

来年こそは、著者表情で壇上に上がれるようにがんばります!!


ツイッター↓↓
http://twitter.com/nonakaaan

3分で人を見抜く (アスカビジネス)
3分で人を見抜く (アスカビジネス)
野中 聖治

3秒で人を<顔相から>見抜く (アスカビジネス)
3秒で人を<顔相から>見抜く (アスカビジネス)
野中 聖治

3分で人は動く! (アスカビジネス)
3分で人は動く! (アスカビジネス)
三浦 一志

CD BOOK 外資系の英語プレゼンテーション (アスカカルチャー)
CD BOOK 外資系の英語プレゼンテーション (アスカカルチャー)
浅見 ベートーベン

書いて楽しい英作文!―ドリル式 (アスカカルチャー)
書いて楽しい英作文!―ドリル式 (アスカカルチャー)
浅見 ベートーベン

あたりまえだけどなかなかできない社長のルール (アスカビジネス)
あたりまえだけどなかなかできない社長のルール (アスカビジネス)
石野 誠一

新社長へ!これだけは覚えておきなさい (アスカビジネス)
新社長へ!これだけは覚えておきなさい (アスカビジネス)
石野 誠一,石野 栄一

「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」 (アスカビジネス)
「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」 (アスカビジネス)
塚田 祐子

あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール (アスカビジネス)
あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール (アスカビジネス)
小倉 広

残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術 (アスカビジネス)
残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術 (アスカビジネス)
吉山 勇樹

小さな会社こそがNO.1になる ランチェスター経営戦略 (アスカビジネス)
小さな会社こそがNO.1になる ランチェスター経営戦略 (アスカビジネス)
坂上 仁志

あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール (アスカビジネス)
あたりまえだけどなかなかできない 42歳からのルール (アスカビジネス)
田中 和彦

はじめての転職100問100答 (アスカビジネス)
はじめての転職100問100答 (アスカビジネス)
梅田 幸子
| 本・雑誌・出版 | 19:12 | - | - | - | - |
ゲゲゲの会@神保町
昨日の10月1日(金)はゲゲゲの会という出版関係者の集まりに。

元高円寺文庫センター店長で現在ゴマブックスで営業部長をされている能川和男さん主催の会で、10年以上も続いている歴史のある会です。

知り合いの出版社勤務の方と話をしていたところ、池袋にハルピン水餃子があった頃の仲間のK社のDさんの名前が出てきたので、久しぶりにDさんに連絡してみたところ「この会ではたまに田中ひろみさんに会いますよ」とのことだったので、参加させていただくことに。

いい人3人が参加している会だから、他の参加者もいい人で、いい会には違いないと思ったからです。


イラストレーター&エッセイストの田中ひろみさんには、いろいろお世話になっているものの最近ご無沙汰していたので…。
(Dさんと田中ひろみさんとは、私がまだ出版業界に片足さえも突っ込んでない時代から、ハルピン水餃子や、田中ひろみさんの著書『わたしがナースを辞めたわけ』(光文社・知恵の森文庫)出版記念パーティーでご一緒させていただいていたのです。)


今回、残念ながら田中ひろみさんは欠席でしたが、幅広い年代の方が20人くらい集まっていて、楽しく交流させていただきました。

遅れて参加のライターさん(太宰治のアンディー・ウォーホル調Tシャツがかっこよかったです)は、過去に仕事でお世話になった方で、私がこの会にいることに驚いていました。


近くの神保町シアターの支配人の方がいらして「みつめていたい!若尾文子」のチケットを3枚プレゼントしてくれて争奪じゃんけん大会もありました。


今回一番面白かった話は、私の向かいに座っていた福岡県出身の女性。

可愛いネコキャラの名刺入れをお持ちで、それをきっかけにこんなステキな話を聞くことができました。


ゴマブックスにアルバイトで入って社員になり、現在は別の出版社で働いている方ですが、最初にゴマブッククスに入ったきっかけはこうだったんです。

この女性「可愛いアニメ声だな」と思っていたら、出版界に入る前は声優養成所にいたとのこと。

その時ちょうどゴマブックスでは『ちびギャラ』というネコのキャラクターの絵本がヒットしていて、問い合わせの電話がよくかかってきた。

『ちびギャラ』として電話を受ける営業担当には「可愛いアニメ声」は最適→採用!ということだったのです!!!

何がきっかけで人生が切り拓かれるかわかりません。

人生に無駄なキャリアなどない。

と再認識させられたエピソードでした。


ゲゲゲの会のみなさん、ありがとうございました。


ちびギャラさんっ
ちびギャラさんっ
ボンボヤージュ

ツイッター↓↓
http://twitter.com/nonakaaan

| 本・雑誌・出版 | 23:32 | - | - | - | - |
4月23日はサン・ジョルディの日(世界 本の日)です。
明日、4月23日は(世界 本の日)です!

---日本書店商業組合連合会HPより---
■ 「サン・ジョルディの日」の由来
「サン・ジョルディの日」の由来は、スペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説をもとにしており、悪獣のいけにえに差し出された王女を救った伝説の騎士、サン・ジョルディを愛の守護聖人としてたたえています。4月23日は彼が殉教した日で、いつしかこの日に本と花を贈りあって、愛する気持ちを伝え合うようになりました。また、この日は文豪として名高いセルヴァンテスとシェークスピアの命日でもあり、本との結びつきを強めております。日本でも4月23日に本を贈るという知的でロマンチックな習慣は、現在、静かなブームになっています。

■ 「世界 本の日」
「世界 本の日」は、1995年11月、パリで開催されたユネスコ総会において、毎年4月23日を、「世界 本の日」とする宣言文が採択されたことによるもので、本の良さを再認識し、親近感を育むことを目的としています。また、この日は、従来「サン・ジョルディの日」としても親しまれており、愛と知性の文化運動として、日本でも23年にわたってPR活動が続けられています。

------

4月23日のサン・ジョルディの日(世界 本の日)には
日ごろお世話になっている大切な人に本を贈りましょう!!



私、1990年から21年に渡ってサン・ジョルディの日推進活動をしています。

こちらの本
3分で人を見抜く (アスカビジネス)
3分で人を見抜く (アスカビジネス)
野中 聖治

初版発行日が2009年4月23日(サン・ジョルディの日)なのです。

私は誰よりも本を愛しています。




だけどもう紙はなくなるよ。

ハッキリ言って紙ほど地球を破壊しているものはない。

飲食店で割り箸をやめる、割り箸は廃材を使って、マイ箸を持参、紙は再生紙を利用...

いろいろやってるけどゴミの出ない世の中を目指さなければ。

iPad革命で人間の生活はどう変わるか?


モノにこだわる意識を変えないと人類は滅びる。

価値感を変える。

物質(マテリアル)にとらわれない生き方を目指そう。

モノより経験。


週刊現代の特集「本と本屋がなくなる日」か。

20年前、アップルにとって一番のお客さんは出版・印刷業界だった。
それが今、アップルのiPad革命によって出版・印刷業界が存亡の危機に立たされている。

なんという変わり方。

http://twitter.com/nonakaaan←ツイッター
| 本・雑誌・出版 | 22:26 | - | - | - | - |
吉野家とかけまして、必死にツイッターをやってるクリエイターと解く、その心は、
昔は流行ってたのに…

あんなにうまかったのに…

落ちぶれるいっぽうで…

肝心なものが置き去りに…

クオリティへのこだわりはどこへ…

○○一筋なのでは…

お客様は誤魔化されません!

危機感が間違った方向に作用してる。

本分が蔑ろでは…

お客様はシビアです。


いいもん作るのが第一とちゃいまっか?






これ

吉野家、4月7日〜13日まで1週間限定で牛丼並盛り270円に値下げのニュースを見てこのエントリーを思いついたのだが、その数日後には、松屋とすき家が250円に限定値下げするというニュースが。

思いついた瞬間に書かないとどんどんネタが古くなる。

長島☆自演乙☆雄一郎の今後として書こうと思ってた中にNJKFスーパーウェルター級タイトルについてもあったのだが、ちょうどエイプリルフールの日だったので改めてと考えていたら数日後に返上のニュースがあって。
世の中の変化は早い!
やっぱ、ツイッターでつぶやかないと間に合わないかな?
ブログはケータイから更新とはしたくなくてそれなりに書きたいので。

Tシャツのことも書こうと思ってちょっと間が空いたらに状況が変化してたりと。
ま、長島☆自演乙☆雄一郎のこととTシャツのことは近いうちに書きます。必死にブログやってるようじゃダメなので気分次第で(笑)

個人のブログでこんなんだから、こりゃ、新聞はともかく雑誌のスピードじゃ追いつかんわ。

雑誌は時期関係なく読ませるものじゃないと。
一般的な週刊誌は文春と新潮だけになったりして。

書籍もタイミングが良い時に出さないと売れるもんも売れなくなってしまう。

出版社は作るのには多少の時間をかけたとしても、
作るかどうかは素早いジャッジじゃないとビジネスチャンス(笑)を失うよ。






上の謎かけ


昔は流行ってたのに…

落ちぶれるいっぽうで…

などは「吉野家とかけまして、mixiと解く」でも当てはまる。

時代の変化は激しいな。

時代に負けてらんねー!


| 本・雑誌・出版 | 19:54 | - | - | - | - |
『AERA』のツイッター特集
今日発売のアエラ。

中吊りを見て気になったので目を通してみました。


mixi、2ちゃんねる、Twitterのユーザーの比較で、
Twitterは【電車男などイイ話に刺激されてネットを始めた人に多い。】

とあった。

それはないやろ?


『アベする』『アサヒる』に続いて
たった今『アエラる』という言葉を作りました。


わたしたちつい婚なう!
「日本初」Twitterで結婚したカップル独占インタビュー


っていうもの、必死すぎて(^_^;)


30女という病――アエラを読んでしまう私の悲劇
30女という病――アエラを読んでしまう私の悲劇
石原 壮一郎
| 本・雑誌・出版 | 21:40 | - | - | - | - |
本の話。
あとから読もうと買っておいて1ページも読んでいない本が多いこと。

本にはかなりお金をつかっている。

自分が書いた本をもっともっと売ってもっともっと本を買いたいです。

| 本・雑誌・出版 | 03:29 | - | - | - | - |
明日香出版社新刊『3分で人は動く!』発売のお知らせ。
明日香出版社より『3分で人は動く!』が発売になりました。

ということで、明日1月15日の日経新聞に、私の本も一緒に
「3分〜」シリーズとして3点で広告を載せていただくことになりました。
※1つは“3秒”なのですが(^_^;)



1つは約1年前、1つは約2年前の本なのに、
この不景気の中、大変ありがたいことです。

『3分で人は動く!』の目次を見ました。
これは面白そうな内容ですね!

3分で人は動く!
3分で人は動く!
三浦 一志

3秒で人を<顔相から>見抜く (アスカビジネス)
3秒で人を<顔相から>見抜く (アスカビジネス)
野中 聖治

3分で人を見抜く (アスカビジネス)
3分で人を見抜く (アスカビジネス)
野中 聖治

こうして見てみると
やっぱり、帯有りの画像のほうがデザイン的に優れているし、統一感があっていいですね。
アマゾンの『3秒で人を<顔相から>見抜く (アスカビジネス)』はどうして帯有りの画像にならないんだろう?
不思議だ。


書店で見かけましたらぜひお手にとってご覧ください。
よろしくお願い致します。
| 本・雑誌・出版 | 15:50 | - | - | - | - |
将来的には小説家デビューしたい。
自分と同じ生年月日の人がいた。

大道珠貴さん

大道 珠貴(だいどう たまき、女性、1966年4月10日 - )は、日本の小説家。福岡市出身。福岡県立福岡中央高等学校卒業。2000年、「裸」が第30回九州芸術祭文学賞を受賞して小説家デビュー。同作で第123回芥川賞候補。2003年、「しょっぱいドライブ」で第128回芥川賞受賞。2005年、『傷口にはウォッカ』で第15回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(選考富岡多恵子)。

「芥川賞」
127回 吉田修一『パーク・ライフ』
128回 大道珠貴『しょっぱいドライブ』
129回 吉村萬壱『ハリガネムシ』

1966年4月10日というだけでなく福岡県生まれなのも共通。
(野中聖治のプロフィールは育った大阪府堺市出身としているが、生まれたのは福岡県北九州市)


物書きの人でも小説はハードルが高いと言うけれど、1人でもこういう人がいるということは、生年月日的なものでは小説家デビューできる確立が高いんじゃない?


今日も私は何か書く。
| 本・雑誌・出版 | 17:05 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

www.u-idesign.com

このページの先頭へ