アイデザイン野中聖治のブログ

インターネットとデザインのある生活
<< 続:新しい街 | main | 「真実はどこまでも続くが、嘘の上に築かれたものは必ず崩壊するし、人に見抜かれるものだ」 >>
「怪盗レーニャ」と「資本主義社会の崩壊」
KBCテレビ(九州朝日放送)の『怪盗レーニャ』がおもしろい!

モーニング娘。田中れいなをモチーフにした博多なまりのワガママ怪盗とおバカな警察が繰り広げるナンセンスショートコメディ。レ ーニャ役(声)はもちろん、田中れいな!

博多なまりのワガママな怪盗。
普段はコンビニ「ファミニャ」の看板娘。ちょっとドS。愛読書は「月刊ぬすっと」





まずはコチラをご覧ください。
怪盗レーニャ



面白い!
これぐらい短いとアニメも見てみようと思う。



笑ったのは、

現役高校生声優 三澤紗千香


扇風機役で出演決定!

っておいしすぎる。

声優がやる仕事か!


もしかしたら扇風機を演じたのは私が初めてですかね?

って

そりゃ初めてでしょう!

「ぶ〜〜〜〜〜ん」だけだから。

声じゃないからね!


キャラクター紹介ページにも
扇風機【CV】三澤紗千香と入れてあげて

と下書きテキストを用意してたんだけど、今見たらちゃんと載ってる!!

ファンの声が届いたのだろう。

良かった!良かった!



さて、
YouTubeのおかげで九州ローカルのテレビ番組を我々はこうして見ることが出来るんだけど、私が見ても、何万回再生されても番組製作者にお金が入らないのはおかしい。(※資本社会においては)

YouTubeに入る広告料の何パーセントかを所有権のある怪盗レーニャ製作委員会、角川コンテンツゲートに入るようにならないと。YouTubeで見れる他のテレビ番組も。
※もちろん音楽や映画のPVならその必要はないが。

インターネットの出現で誰もが世界中の情報と知識を共有することができる(Wikipediaに代表されるように)オープンな社会になったわけだけど、これでは既存メディアであるテレビ業界の人がかわいそう。

しかし、

どっちみち、産業が拡大しない世の中で、知的財産権、知的所有権と騒いだところで、お金の奪い合いをするだけで人間が幸福になるとは思えない。



今のこの時代というのは、資本主義社会から共生社会(共産社会ではない)に、社会の仕組み、価値観が大きく変わろうとしている時代なのかもしれない。


いや、変わろうとしているのではなく、変わらなければならない時期にきているのだと私は思います。


インターネットという新しい情報システムによる変化の次に来るのは何か?

先に新しい社会システムが誕生しての変化とは考えにくい。

新しいエネルギーの誕生による、新しい社会のシステムへの変化か?

もっと言うとエネルギーなんてなくてもいい。

インターネットやテレビがないどころか電気がない時代だって人間は幸せに暮らしていたのだから、本来であれば当たり前にできるはず。


今の社会はあまりにも心の悪い人間が多いから、どうしても外部の力が必要なのか?
外部の力と心の良い人間によって全く新しい世界観、宇宙観が誕生し、それによって新しい社会のシステムが誕生するのかな。
| インターネット | 01:23 | - | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+著書・関連商品
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS

www.u-idesign.com

このページの先頭へ